仕事辞めたい







































私が実際直近で勤めている法人は人間関連が大いに良く、給与面や休暇などの待遇面にも喜びしています。

いわゆるホワイト企業と呼ばれる分類になると思われますが、現在目下の会社に入社する前は万全な黒企業に勤めていた経験があります。

そのブラックな会社に入社したきっかけは新卒採用だったのですが、私は就職活動にはとても苦労しました。




何十社と面接を受けても、内定をもらう事ができませんでした。

周囲の友人たちはどんどん内定が決まり、嬉しそうにしている様子を見ている事がかなりつらかったです。

内定をもらった仲間たちと成績は全く変わらないのに、私のどこがいけないのかがわからず、あの就職活動期間は実のところに暗闇の中にいる状況でした。

いつも就職活動の事ばかりを考慮してしまい、薄暗くふさぎ込んでいる私の事を悩ましいして、仲間や世帯が外へ連れ出そうとしてくれましたが、他の事をする気力が全く起きませんでした。





このままどこにも就職が決まらなかったら如何にしようと悩んでいた時、やっと内定をもらう事ができたのが、前職の黒企業でした。

私は面接を受ける会社を選定する時、どこでも良いと腹積もりていたわけではないのですでした。

わずかでも本人の関心のある業務をやりたいと心積もり、職種については諸々と質問していました。

待遇面を気にしなかったわけではなく、私はオンとオフのめりはりをつけて働きたいと腹積もりていたので、それが叶うような会社を選択してでいました。






しかし、そのような依頼の会社からはどこからも内定をもらえず、苦しんで悩んでいく内に内定をもらえるなら如何なる会社でも構わないと思案するようになってしまいました。

その会社の事をよくチェックしもせずに、面接をしてもらえるところならどこでも良いと心積もり、その結果黒法人から内定をもらいました。

もちろん入社前はその会社がブラックな会社だとは考慮しもしていませんでしたが、直近でになってその頃の事を振り返ってみると、その法人がおかしいという事に気付けていたかもしれません。

一例を挙げれば、最後の社長面接の空気を振り返ってみると、終始ぴりぴりとした異様な佇まいが漂っていたように感じます。






社長の他に3名の役員が同席していましたが、役員3名が社長の事ばかりを気にしていたように考慮します。

面接を受けに来た私の事ではなく、社長の機嫌ばかりをうかがっていたような気がして、その段階でその会社が社長のワンマンだという事に気付けていたのかもしれません。

目下の法人の面接は、内定をもらうまでに2回の面接を受けましたが、最後の社長や役員たちとの面接でも大いに和やかなムードが漂っていました。

私は大いに緊張して面接に臨んでいましたが、社長や役員たちの穏やかな笑顔に励まされ、自然といつも通りの自らを取り戻す事ができました。





面接の段階でも、ブラックな会社とホワイト企業では大きく異なるものだと体感しています。

新卒採用でやっと内定をもらえた事が嬉しかった私は、そのブラックな会社に入社する事になりましたが、入社してからわかった事は、決まった的のように残業がある事でした。

面接では残業はおおかたないと話を聞いていたので、実のところの残業ばかりの決まった的には現実に驚かされました。

自分の業務が一通り終わっても、先に帰りにくい佇まいが漂っている事も、大きなストレスの要因となりました。







残業をする事が良い社員だ、遅くまで会社にいる社員の方が偉いといった社風があり、どんだけ業務が早く終わっても帰る事が許されない空気が重くのしかかっていました。

加えて、日曜出勤が多かった事も予想外の事でした。

求人票にも面接でもそのような事は予告されておらず、代休も取れなかった事もショックでした。

残業とお休み出勤でいつも寝不足のステータスになっており、この法人はおかしいという心境すらわき起こらず、ただ時だけが過ぎていく決まった的でした。





やっと内定をもらって入社したのだから、少々の事で退職をするなんて甘いという心境もあり、相当退職への想いがかたまらずにいましたが、同期がどんどん辞めていくのを見て、間違いしても死ぬわけではないという心情へ移り変わりしていきました。





もうに法人を辞めるような人間に再就職の道はないと心積もりていたのですが、転職は今時常識だ、自らの心を破壊してまで法人にしがみつく必要はないと心積もり、私の事を気がかりしてくれていた世帯や仲間の支えもあって、私はブラックな会社を退職する事ができました。




ブラックな会社の面接では、こちらから何かを質問できるなようなムードではなく、威圧的な佇まいが漂っていました。




けれども現時点での会社の面接では、質問点はどんなに小さな事でも質問してくれと言われ、残業やお休み出勤の事も見極めする事ができました。






現在の会社は面接の時からムードの良さを感じる事ができ、給与面では前職より少なくなってしまいましたが、それ以上の心の安定や業務の楽しさを知る事ができ、相当感謝しています。






























仕事辞めたい病







転職をする理由はキャリアアップ・高収入・人間関係や待遇など様々ですが・・


次に就職する会社は今よりいい会社であってほしい・失敗しないために


転職サイト・エージェントを活用することをおすすめします。


1人で転職活動をするより後ろ盾があった方が心強い


面接や職務経歴書の対策相談ができる転職エージェント





転職サイトランキング













リクナビネクスト





リクルートグループが運営する『 国内No,1 』の転職サイト



転職求人案件が豊富でまずはどんな求人があるのか調査するのにおすすめ


余裕があれば職務経歴などを登録しておくと企業からオファーがくる場合あり



スカウト機能を利用してご自身の市場価値を調べるのにも使えます。



オファー内容に年俸などが記載されており、今の年収と比較して高ければ



転職するのも一つの手段ではないでしょうか。



またご自身の強みを発見するためのグッドポイント診断など転職活動に使える



お役立ちツールが無料で使えます。




うまく利用してみてはいかがでしょうか。





リクナビネクスト 詳細はこちら





https://next.rikunabi.com/






リクルートエージェント




転職実績No.1の人材紹介会社


初めての転職・転職に失敗した気がするなど不安な方へおすすめ


また今の会社に残るべきか・転職すべきか悩んでいる場合


カウンセリングを受けることをおすすめします。


キャリアアドバイザーが客観的なアドバイスをしてくれます。


非公開求人も豊富で一般的な転職サイトでは見ることができない案件の紹介


面接・職務経歴書対策など様々なサポートが充実




リクルートエージェント 詳細はこちら




https://www.r-agent.com/





パソナキャリア




パソナグループの人材紹介サービス。「正しい転職」を実現するために



各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティング



求職者の方の強みや希望を考慮し、業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から



キャリアプランを実現するための求人を提案



履歴書・職務経歴書などの書類の書き方、企業毎の面接のアドバイスなどサポート体制も充実。




パソナキャリア 詳細はこちら




http://www.pasonacareer.jp/





DODA





業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが求職者のキャリア・


お持ちのスキルを総合的に判断


現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理


「できること」と「やりたいこと」が合致する理想のキャリアを目指し


現実の企業と求人とを照らし合わせながら選択肢を探るので


自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うこともあります。


書類選考で損をしないように・・


人事担当者をひきつける履歴書・職務経歴書を書くためのアドバイス


面接に不安を感じる方のために


模擬面接・終了後のフィードバックもあります。




DODA 詳細はこちら




https://doda.jp/